日焼け止めを使い分ける

日焼け止めを選ぶ時のポイントは値段や機能、香りも重要ですが
目的とスキンタイプに合わせた適度なSPF値のものを
チョイスすることが大切です。

スグに赤くなるスキンタイプTの人は、
SPF値が高いものを選ぶ必要があります。
夏の暑い日に長時間外で過ごすなら、
SPF50程度のモノを使うぐらいの気持ちでいてください。
逆に、同じ状況でも、スキンタイプVの人なら、
SPFは30程度あれば十分でしょう。

ちょっと外に出る程度なら、SPF10程度
お買い物などに出かける時は、SPF20程度、
このように使い分けをするのが、上手に使うコツです。

SPF値が高いものを塗ってしまえばいいんじゃない?
確かに、大は小を兼ねますけど
SPF値が高いほど、お値段も高くなりますし、
がっちり塗り固めすぎても、肌への負担も大きくなりますよ。

特に顔は日焼けした時に、シミやシワができやすく
目立ちやすいデリケートな部分ですから、
肌より少しSPF値が高いものを使うことをオススメします。
SPF効果が含まれている化粧品もありますので、
毎日使う化粧品に、そのような商品を選ぶのも良いですね。

紫外線を吸収する?拡散する?

紫外線を防止する目的の日焼け止めですが、
紫外線をブロックするしくみで分類ができるんですよ。
紫外線吸収剤配合、拡散剤配合、この2種類があります。

ちなみに、私がさっきボソッとこぼした日焼け止め、
紫外線吸収剤無配合と書いてありました。知らなかった〜!

紫外線吸収剤は、肌に塗った日焼け止めが
いったん紫外線を吸収して、それを熱に変えて放出する
化学反応を利用しています。
拡散剤は、紫外線を跳ね返します。
こんな違いがあるのご存知でしたか?!

紫外線吸収剤は、SPF値が高いものを作りやすく
紫外線カットの効果は高いのですが、
紫外線を熱に変える化学反応は肌への負担がかかるため、
SPFは50までと決められています。

お肌に優しいのは、拡散剤の方で、
敏感肌の方は拡散剤配合のモノをオススメします。

安心して使えるものを選ぼう

日焼け止めは、毎日…できれば365日、
自分の肌に直接塗って使うものですから、
肌との相性も考えて、慎重に選ばなくてはなりません。

紫外線を吸収するタイプか、拡散するタイプか、
SPFはどのぐらいが良いのか
肌への負担も考えることは、とても大切ですよね。

実際、日焼け止めをお店に買いに行くと、
とにかくたくさんの商品が並んでいて驚きます。
安価なものから高価なものまで様々で、ものすごく迷いますが、
やっぱり、安心して使える成分のモノを選んでください。

特に気をつけたいのは、海外製品です。
ここ近年、サプリメントなどで問題になっていますが、
日本では、まだ許可や認可が下りてない成分が
配合されていたりすることもあるため、
大きなトラブルになるリスクは無視できないのです。

最近では個人輸入やインターネットの普及で、
海外の製品も簡単にいつでも手に入るようになりました。
海外旅行のお土産も然りです。
見た目のパッケージや、キツイ香りやラメなどの特殊効果、
安い値段だけに釣られることなく、
安心して、納得して使えるものを使うようにしましょう。

おすすめPICK UP!!
再生医療の考えから生まれた日焼け止めをご存じですか?

 
Copyright © 2008 紫外線をカット!日焼け対策をやさしく解説. All rights reserved