肌の露出を控えめにする

紫外線を直接受けないようにするための
イチバンいい方法は、肌を露出しないことです。

フルフェイスのヘルメットに、首を覆うベール、マフラー、
長袖、長ズボン、手袋に、靴下…
とっても怪しい人の出来上がりですね…(^^;;
着ぐるみなんかも完全防備ですけど、
全く実用的ではありません。アヤシイだけですよね。

ここまでする必要はないのですが、
特に夏場は薄着になりやすいので注意しましょう。

最近、流行のキャミソールやチューブトップなどは、
肩や背中へ夏の強い日差しをまともに受けるので、
薄手のカーディガンを羽織るなどの工夫をしたいものです。
ミニスカートも、地面からの照り返しで紫外線を
たくさん受ける部分です。

オシャレをしたい気持ち、よく解りますよ。(^^)
日焼けしないようにとはいえ、
暑い思いをするのもかなりのストレスですから、
そんな時は、日焼け止めを使いましょうね。

おすすめPICK UP!!
再生医療の考えから生まれた日焼け止めをご存じですか?

 
Copyright © 2008~2012 紫外線をカット!日焼け対策をやさしく解説. All rights reserved