皮膚がんの予防法

皮膚がんを予防するには、紫外線を避けることが第一です。

昔は、手指に出来るメラノーマは、ケガが原因とされてきましたが、
背中や肩、顔などにも発症するので、
やはり、紫外線が原因と考え直されてきています。

紫外線予防を考える時には、子供の頃からの予防が重要です。
早い時期から紫外線の強い刺激を受け続けることで、
肌の老化が早まることが解っていますから、
その分、皮膚がんの発生率は高くなってしまうのです。

また、肌に出来たものを見逃さないことも大切です。
清潔に保って、ケアを怠らなければ、
皮膚がんは肌の表面に出来ますから、自分で見つけられます。
早期発見できれば、簡単な治療で完治できるのです。

でも、痛みがないと、そのままほうっておきますよね。
ほくろと皮膚がんの違いを見つけることは
素人では難しいのですが、大きくなっているような気がしたり、
赤みをおびていたり、???と思ったら、
そのままにせず専門医に見てもらうことが、
何より早期発見、早期治療の足ががりとなります。

 
Copyright © 2008~2012 紫外線をカット!日焼け対策をやさしく解説. All rights reserved