シミの原因も紫外線

お肌の曲がり角の頃から気になり出すものといえば、シミです。
頬の高いところ、左右対称に出ることもありますよね。

顔に出なければいいモノを、わざわざ顔に出てきます。
百歩譲って、顔に出たとしても、また洗って消えたらいいです。
もっともっと譲って、コンシーラーで隠せるならいい…

でも、やつらは、そんなヤワじゃありませんよね.... (/o\;)

どうしても顔にできてしまうのは、
顔は、いつも太陽にさらされているからです。
お年寄りの手の甲などにもシミを見ることはありますが、
専門的な言葉を使うと「日光暴露部」だからですね。

加齢と共に出てくるこの部分のシミは、
紫外線を浴びて、色素細胞がメラニンを作りすぎたため、
茶色くこびりついてしまった状態が、シミの正体なのです。

シミができるしくみ

シミができるしくみは、まだ科学的に解明されていません。

しかし、しみができるプロセスを、
紫外線とメラニンの異常増加に原因があると考えると、
どうしてシミができるのか、予測することは可能です。

シミの原因となるメラニンを作るのは、色素細胞です。
色素細胞が、細胞を作り出す皮膚の大切な部分を守るために
メラニンと言う盾を作るのですが、
あるとき、作りすぎてしまって、シミの原因ができます。

この突然大量に作り出す原因を考えると、
紫外線などによって、色素細胞自体が攻撃されて、
メラニンを生成を止めない、セーブが出来ない方向に
突然変異を起せば、その可能性は十分にありますよね。

そうすると、周りの正常な色素細胞も誘発されて、
その一部分だけ、メラニンが
過剰生成されると考えることができます。

おすすめPICK UP!!
再生医療の考えから生まれた日焼け止めをご存じですか?

 
Copyright © 2008~2012 紫外線をカット!日焼け対策をやさしく解説. All rights reserved