実は怖いバカンスの日焼け

海外旅行に南国行って、
真っ黒に焼けて帰ってきました〜♪(^_-)-☆

いいですよね〜。
リゾート地にいかにも行ってきました!って感じです。
冬の時期に、そんな人を見かけると、お金持ちか何か…!?
優雅にも、うらやましくもあります。

でも、日焼けしたというコトは、紫外線をたっぷり浴びたってコト。
肌は紫外線で大荒れ、皮膚の細胞はメラニンを作って大忙しです。

紫外線を浴びることで、イチバン大きな害は皮膚がんです。
赤道に近いほど、強い日差しを浴びるために、
皮膚がんの発症率は、高くなります。

海外だけではなくて、、縦に長い日本列島。
小さな日本でも、北と南で紫外線の量に差があるんですよ。
もうひとつ、高いところも紫外線が強くなります。

強い太陽光線の降り注ぐ、赤道に近いリゾート地では、
日本より何倍も強い紫外線を浴びることになります。
たった数日間の滞在でも、
皮膚に与えるダメージは相当なものですよ。

海外で生活をする時や、旅行に行く時には、
紫外線対策を、より強化する必要がありそうですね。

え…っ!妬んでるワケじゃないですよ…!!(^^;;

 
Copyright © 2008~2012 紫外線をカット!日焼け対策をやさしく解説. All rights reserved