基底部を守る皮膚のしくみ

ここまでの皮膚の生まれ変わりのプロセスを知ると、
皮膚のイチバン上の層である表皮を作っている
イチバン大切な部分は、
細胞が生まれる基底細胞であることがわかりますよね。

この基底細胞に何らかの障害が出れば、
新しい皮膚を作ることも出来ませんし、
作ったとしても正常なものが生まれるとは限りません。

そう、お分かりですね。
基底部を傷つけるもののひとつ、紫外線が挙がります。

この紫外線から基底部を守るための盾が、メラニンです。
基底層の上に位置する、顆粒層や有棘(ゆうきょく)層が
キケンを察知して、色素細胞にメラニンを作れと指示を出します。
色素細胞が分泌したメラニンは、基底部にかぶさるようにして、
紫外線のダメージを防いでくれるのです。

紫外線を浴びると、日焼けをする。
これは、皮膚が紫外線から基底部を守ろうとして
一生懸命戦った跡、ということになりますね。

基底部を守れないとどうなる?

皮膚が、皮膚の生まれる基底層を紫外線から守るために、
メラニンを作って、防御壁を作るのですが、
この防御壁は、残念ながら完璧なものではありません。
紫外線が強すぎると、負けてしまうのです。

こうなると、基底層はダメージを受けるしかありません。
細胞や遺伝子に障害がでるのですから、
やがて表面に上がってきたときに正常でない肌であったり、
皮膚がんの素となる組織を作り始めてしまったり
いいことは全くありません。

女性に大敵のシワもそう。
表皮を抜けて、真皮まで達した紫外線AやBが原因です。
真皮まで届いた紫外線は、
真皮の成分であるコラーゲンやエラスチンといわれる
弾力と張りを保つたんぱく質を、分解する酵素を活発にさせ、
コラーゲン同士がくっついた状態、

…つまり、シワの原因を作ります。Σ(゚д゚lll)

基底部を守れないと皮膚がんなどの病気の原因や、
美容よくないことが起こってしまうんですね。(>_<)

 
Copyright © 2008~2012 紫外線をカット!日焼け対策をやさしく解説. All rights reserved