皮膚のしくみ

私たちの体を包む皮膚がどういう構造でできているのか
もっと詳しく見てみましょう。

ここで問題!成人の皮膚の総面積はどのくらいかご存知ですか?

成人で約1.6平方メートル。数人が座れる敷物ぐらいありますね。
でも、重さはたったの4グラム。
厚さは、場所によって差はありますが1.5ミリぐらい。
↑脂肪は除く…です。(^^;;

大体の大きさ、イメージ沸きますよね。すごいでしょ?!(^^)

この皮膚は、薄い薄いラップフィルムのようなものなのですが、
表皮、真皮、皮下脂肪組織という3つの層があります。
1層ではなくて、機能が違う層が重なって出来ているんですね。

イチバン外側にあるのが表皮で、表面は角質層です。
テープを肌に貼り付けると、はがしたときに
うっすらと跡がつきますよね。あれが、角質層です。
その角質層の下には、生きた細胞が詰まっています。

真ん中は、真皮。線維や血管、リンパ管などがあり、
90%は肌に張りをもたせるコラーゲンでできています。
そして、イチバン下層の皮下脂肪組織は、
その名のごとく…です。そうです、脂肪が蓄えられています。

おすすめPICK UP!!
再生医療の考えから生まれた日焼け止めをご存じですか?

 
Copyright © 2008~2012 紫外線をカット!日焼け対策をやさしく解説. All rights reserved