なぜ日焼けがいけないのか

日焼けといえば、小麦色の肌。
とても健康的なイメージがありますよね。
子供も、真っ黒に日焼けしていると、
元気に外で遊んでいるんだなと、いい印象を与えます。

しかし、個々近年、日焼けはよくない言われ、
紫外線をいかにカットするかということに力が注がれて、
ニーズも高まっていますよね。

でも、どうして日焼けがいけないのでしょうか?

実は、紫外線は、人体にとって悪影響を及ぼすことが多く、
しみやシワなど皮膚の老化を早めて、
皮膚がんを引き起こす原因になりかねません。
特に、オゾン層の破壊によって、
太陽から届く紫外線の量が増えているため、
その危険性は年々増すばかりなのです。

日焼けは健康的でかっこいい。
このようなイメージは、方向転換する必要がありそうですね。
自分の肌を守るためにも、美しさを保つためにも
紫外線をできるだけ浴びないようにしなくてはなりません。

でも、あまり神経質になりすぎないでくださいね。
紫外線は普通に生活していれば、必ず浴びるものですが、
日陰を歩くようにしたり、袖の長い服を着たり、
帽子をかぶったり、日よけの傘を使うことなどにより、
紫外線をいくらかカットすることもできます。

 
Copyright © 2008~2012 紫外線をカット!日焼け対策をやさしく解説. All rights reserved